ミニバス 福岡 - 福岡県バスケットボールのブログ

福岡ジュニアバスケットボールクラブ
2022年01月18日 [ミニバス 福岡]
またまたコロナウイルス感染の第6波がきてますね・・・

そのような中で、外出を控え、カラダを動かさないお子様が非常に多くなっているとのニュースを見ました。

冬は、風邪、インフルエンザが流行る時期でもなりますね・・・

一方、子供のスポーツ・運動は体内の免疫機能向上へとても重要な役割を果たします。
また、最近は子供の運動不足「定期的なスポーツをしない・・・」にて、小学校低学年で既にメタボリックシンドローム【生活習慣病】となる大きな懸念が・・・

その様なお子様を危惧する父兄の皆様へ、是非とも先ずは週1回から定期的にカラダを動かす習慣化をお子様へいかがでしょうか?

この習慣化が子供のカラダを動かすことへは非常に重要な一歩であり、これを怠ると子供の思考とカラダ自身が、

「運動をしなくていいんだ・・・」

「カラダを動かすのが面倒くさい・・・」

となり、免疫力低下と伴い、筋力が成長する骨とのバランスが崩れ、ケガのしやすいカラダとなってしまいます・・・

どうぞ、カラダの発育に良い、そしてやっても見ていても楽しいバスケットボールを通して、子供の成長・発育に必要なスポーツ(運動)を同年代の子供達と一緒に楽しく始めてみてはいかがでしょうか?

今、ゲームばかりの【孤独な子供!!】が実に多く、コミュニケーション障害を伴うお子様も多くいらっしゃいます。
人と話すのが面倒、億劫・・・

これ、いくらAI化・インターネット社会とは言え、やはり最後は人と人とが関わり・携わるコトは何もゆるぎません・・・

コミュニケーションを図ること、カラダに免疫力を向上させること、とっても大切なコト、親として大切なお子様へその環境ステージを提供すること、とっても大切ですね!!

現在、1月度の無料一日体験を福岡ジュニアバスケットボールクラブ(FJBC)では受け付けております。
ご都合のよろしい日程を選択ください。

当クラブ・FJBCは父兄の面倒な係り・当番等は一切ございません!!

お気軽にホームページまたはお電話にて、お申込み下さい。
福岡市東区・宗像市を拠点とする福岡ジュニアバスケットボールクラブは、福岡市を始め、近郊の福岡市内・糟屋・新宮・古賀・宗像・岡垣等より学区・学校に関係なくたくさんのお子様が通われて、元気に楽しく笑顔で活動をされております。

イキイキ健康なお子様の成長をサポートする、FJBC「福岡ジュニアバスケットボールクラブ」へ皆様のお越しをスタッフ一同、お待ちしております。

2021年07月29日 [ミニバス 福岡]
 裸眼視力が1.0未満の小中学生の割合が、過去最高だった前年度を上回ったことが28日、文部科学省の2020年度学校保健統計調査で分かった。

 肥満の傾向がある児童生徒の割合も急増しており、新型コロナウイルス禍による外出自粛など、生活の変化が影響した可能性がある。

 全国の幼稚園や小中高校などに通う児童生徒らが受けた20年度の健康診断結果を抽出して調べた。例年の健康診断は4〜6月に行われるが、20年度は3月末までの結果を基にした。

 裸眼視力が1.0未満の小学生の割合は37.52%で、過去最高だった前年度を3ポイント近く上回った。中学生は0.82ポイント増の58.29%。割合は学年が上がるごとに増え、小1で4人に1人だったのが、小6では約半数になった。

 標準体重より20%以上重い肥満傾向のある児童生徒の割合は、小5男子で14.24%(前年度10.63%)、小5女子で9.47%(同8.46%)など、小学生を中心に増加した。 

と発表されました。

家でスマホやタブレットを見続ける習慣を見直すためにも、週に1回から思いっきり身体と頭を使いバスケットやりませんか!?

福岡ジュニアバスケットボールクラブではスポーツをやったことのない子でも安心して一から始められます!
是非お子様に運動することの出来る環境を作ってあげてください。

まずは無料体験をお試しください。
ホームページよりお問い合わせください。お待ちしております。







2021年07月19日 [ミニバス 福岡]
今、自宅で過ごす子供が実に多くなっております。
それは、このコロナ渦の状況もありますが、ゲームばかりの遊び中心だからです・・・

子供の体温調節について少し考えましょう。

最近の子供は

直ぐにバテる・・・

少し動いただけで気分が悪くなる・・・

顔色が悪い・・・

などなど多く耳にし、見受けられます。

これって、日常生活の中で定期的にカラダを動かすこと、汗をかくことの大切さを分からずして、意識せずして生活をしているからです・・・

汗をかくことは、子供にとってとても大切かつ重要です!!

汗をかくことで、子供自身が自分のカラダの体温調整がしっかりと出来る様になります。

そして、外で過ごす時に子供自身で体温調整が正常に働き、暑さに強くなります。

また、カラダからの老廃物を汗と一緒に出すことをし、カラダの新陳代謝を活発にします。

汗は脳によって自動でコントロールされており、このコントロール機能をしっかりと維持・向上するために、汗をかくことはとても大切です。

そして、子供にとって今、このコロナ渦の中、ココロのストレスを抱える子が多く、自律神経も病んでしまっている子も多くおります。


スポーツって、とても大切なんですよね!!

当クラブ・福岡ジュニアバスケットボールクラブは、子供の健康と成長のサポートを取り組んでおります。

スポーツ・バスケットボールを通して、カラダを思いっきり動かして、子供にたくさん汗をかいて頂き、ココロもカラダもスッキリ爽やかな健康生活を送りましょう♪♪

当クラブは定期的な運動をバスケットボール・スクールで週1回から自由に曜日ごとに組み合わせて通うことが出来ます。

父兄面倒な係り・当番など時間を拘束するなどは一切ありません・・・

コロナウイルスに伴うワクチンも早くて今年の9月に接種が出来る状況となります。
まだまだコロナウイルスと向き合って生活をする日々が続きます。
子供にとっては、まさに犠牲者であり、子供が健康で日常生活を過ごすには、コロナウイルスだけを避けては通れず、子供のカラダに免疫力をつける日常生活もしっかり・じっくりと考えなければなりませんね!!

福岡ジュニアバスケットボールクラブは、夏の無料一日体験を受付中です。
お気軽にホームページまたはお電話にてお申し込み下さい。

福岡市東区と宗像市に拠点を置き、通いやすい近隣の福岡市・宗像市・古賀市・福津市・粕屋町・岡垣町・久山町・志免町等、たくさんのお子様が元気に来館され、笑顔で楽しくバスケットボールをし、心身ともに健康な生活を過ごしております。

また、お子様のスクール活動中は、見学していても良いですし、お仕事をされていても良いですし、近隣のスーパーやドラッグストア等への買い物でも良いですし、お車でゆっくりとお休み頂いてもOKです。会場の近くにはコメダ珈琲もありますので、ひと時のティータイムを楽しむことも出来ます。
どうぞ、父兄の方も自分時間・自由時間をお子様が福岡ジュニアバスケットボールクラブのバスケットボールで楽しんでいる時に、ご自身も時間を有効に活用して下さいね(^^)

2021年06月20日 [ミニバス 福岡]
今、現在も世の中はコロナウイルス感染による緊急事態宣言発令やまん延防止措置など、昨年と相変わらずの状態に、多くの方々は、未だ・・・、もういい加減に・・・と思われている方が多いのではないのでしょうか・・・

感染症対策の専門家からも、コロナを回避する・・・というよりも、コロナと向き合って共生していく生活を過ごすこと・・・
ワクチン接種が医療関係者や高齢者以外は早くて9月頃より、実際は年末へ入ることも予想されます。

コロナウイルス感染での窮屈な生活は、もはや2年を迎えようとしております・・・

一番の被害者、酷な生活を強いられている一番の犠牲者は、子供・・・なんですよね・・・

そこで、普段、一緒に生活をしている子供の状況・観察、いかがでしょうか?

子どもの【うつ症状】・・・

「身体の不調」

「イライラ」

「「引きこもり」

これって、家庭で見受けられる方もいれば、家庭では見受けられないが、学校で少しずつ見受けられる・・・というお子さんもいらっしゃいます・・・

実に子供の24%が、四人に一人が、中度から重度の「うつ症状」になっている現実・・・

これって、子供のストレス発散の場所・時が無いまたは制限・制約されていることなんですよね・・・

日常生活サイクルで、ストレス発散をする場が無い・・・

子どもはなかなかセルフコントロールは出来ませんので・・・

それを親が気付かない・・・ということがこのデータ結果からも読み取れます。
それは、携帯電話での動画・SNS・ゲーム等で子供がストレス発散をしているのでは?!と勘違いをさせている父兄が実に多いからです・・・

人は身体(カラダ)を動かし適度な疲労感を体験・経験し、何かに夢中になり、適度な緊張感を持ち、人と対話・会話することを第一に求め、それが欠如すると、ココロのストレス生じます。

今、当クラブ・福岡ジュニアバスケットボールクラブへ通われている子供の表情を見ていると、実にイキイキとした喜怒哀楽のある爽やかな表情の子供達をいっぱい見受けられ、大変嬉しく思います。

なかなか目に見えない子供のココロのストレス発散、どこで解消させていますか? 

今のこの時期だからこそ、じっくりと子供と向き合い、捉えて下さい!!


2021年02月12日 [ミニバス 福岡]
あなたの大切なお子様は、何か夢中になれるモノ・コトがありますか??

夢中というまでいかなくても、興味・関心があるモノ・コトは・・・??

親として、えっ?! 何だろう?!

という答えの方が結構いるんです。

子どもに何かしらの「夢中になれるものや興味・関心」などがあれば、それをきっかけとして、自分で考えて行動するようになります。
子どもに「やる気」と「主体性」を身につけさせるには、まずは子どもが夢中になれるものを、興味や関心を引き出すことがとても大切ですね!!
子どもは興味や関心をもったものに対して、自然とどうアプローチすべきか、どう実現しようかを考えるようになります。
さらに試行錯誤を繰り返し、最善の方法で出来るようになる・分かるようになる・実現できる方法を見つけだすようになります。

そして、夢中になれるものを引き出してあげれば、子どもはやる気を出して主体的に行動できるようになるのです。

では、子供が夢中になれるものって、どうやって・・・??

・子供がやりたいと思うことはやらせてみる

・子供がやりたいと思ったことに対して、親も一緒に楽しむ、会話する

・実際に行動してみると、成果・結果が目に見えてわかるようになる

・子供が興味関心がなくなったときには、無理強いしないこと

でも、子供があれもこれもって次々とやりたいことばかりとなったときは、一つ一つのことをやり遂げていない、広く浅くの状況なので、親として子供がどれだけ面白がっているかをしっかりと確認をし、見極め、実行できる環境整備をしてあげて下さいね。

親として、先ず出来ることは子供に対して【きっかけづくり】をしてあげることです。
親がじっとしていたのでは、子供はもちろん無知・無情報ですので、何もこうどうをすることなど出来るわけがありません・・・
子供には、まず「見て」「体験させて」のきっかけを与えて下さいね!!

それをきっかけに、子供が興味関心があることへと、夢中になれることへと、そして社会参加の一歩として周りの子供達とのコミュニケーション能力を高められ、また、社会順応性も育み、ココロとカラダの成長へと歩んで参ります♪♪

学校という一つのくくり「コミュニティ」を一歩踏み出し、別の「コミュニティ」でも活動参加も子供にとっては新たな世界への一歩として、違った景色・環境・順応性が芽生え、親として子供の成長を目で見え、肌で感じることとなるでしょう(^^)

そんな子供の成長を福岡ジュニアバスケットボールクラブは、全力でサポートいたします。

子供が夢中になれるもの、そのきっかけがバスケットボール、福岡ジュニアバスケットボールクラブの活動を通して育まれるのでしたら、私達はとても幸いです。

現在、無料一日体験を受け付けております。
ホームページまたはお電話にてお気軽にお申し込み下さいませ。
スタッフ一同、新たなきっかけづくりを全力でサポートいたします!!

このページの先頭に戻る